サービス終了のお知らせ
カムコーダ
▼人気記事ランキング
3.カムコーダの歴史
3.4.VHS-Cと、そのカムコーダの登場(1982年 - 1984年)
前後するが1982年(昭和57年)には、VHSのサブ規格であるVHS-Cが発表された。これは、テープフォーマットそのものはVHSを流用し、録画時間を20分(当初)まで短縮することでカセットのサイズを小さくしたもので、撮影目的をメインとして考えられたものである。同年にはVHS-C規格を採用したポータブルビデオシステム「CITY JACK」HR-C3[7]が登場し、ビデオカメラとビデオデッキの両方を持って撮影するというスタイルの改善がはかられている。小型のビデオテープであるVHS-Cの採用によってビデオデッキ部がかなり小型化された。この商品は、カメラヘッドとデッキを一体化して使うこともできた。

1984年(昭和59年)1月には、このVHS-C規格を採用した初のカムコーダ「GR-C1」が、日本ビクターから発表された[8]。このカメラは、なんとか片手でも持てるサイズとなっていた。

[4]前ページ
(3.3.ベータマックス・カムコーダ「ベータムービー」の登場(1983年))
[6]次ページ
(3.5.8ミリビデオと、そのカムコーダの登場(1984年 - 1985年))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/18 10:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant