カーズ2
▼人気記事ランキング
3.登場人物
3.9.その他
マイルズ・アクセルロッド卿
「ワールド・グランプリ」の仕掛人で、再生可能資源燃料を手掛けるアリノール社のCEO。車体は2ドアのSUV。
英語版表記は「サー・マイルズ・アクセルロッド」。日本語版パンフレットなどでは「卿」が省略される場合がある。
かつて石油王として財を築いたが、GPS無しの世界一周挑戦の際、途中で遭難してガス欠となるもアリノールの原型となる油田を発見して生還。その後自らを電気自動車に改造し、未来のための大気を汚染しない再生可能資源に命をささげ、誰もが利用すべきと彼が考える、究極的な燃料を探究した。
実際は太平洋に大量の油田を発見したことで価値を落とさないようにするべく、アリノール(実際は普通のガソリンに高周波で爆発するように細工をされた偽代替燃料)での爆発事故を仕組んだ「レモン・ファミリー(ペッパー・ファミリー)」の黒幕・ビッグボスの正体。
ロンドンでメーターに取り付けた爆弾の解除音声を認証させ、カウントダウンパネルに「よい1日を アクセルロッド卿 (^^)」と表示された瞬間ロンドン市警察に逮捕、「ワールド・グランプリ」は中断される。更にメーターにボンネットを開けられ、エンジンの外見がみごとビッグボスと一致。東京での開催パーティーのときにオイルを漏らしたのもメーターではなく彼であり、電気自動車に見せかけた欠陥車だと判明[16]。 
ナンバーはALT NRG。
エバレット
マックィーンやメーターたちを東京まで乗せる水色のジャンボジェット機。所属航空会社は「ターボロフト」。
メル・ドラド
トーク番組「メル・ドラド ショー」のMC。車体はキャデラック・エルドラド(前作に登場したダイナコ石油の社長であるテックスと同個体)。
眼鏡をかけているのが特徴。
オーティス
ラジエーター・スプリングスにて登場する車。車体は前作に登場したフレッドと同じ。
かなり故障しやすい欠陥車で、メーターにレッカーされる。
ギャロッピング・ギアグリンダー
ラジエーター・スプリングスにて登場するギャロッピンググース。ボディ造形が似ているがリジーとは別人。
1930年代にキャブレター郡で郵便配達の仕事を務めていた。今ではメーターがいたずらでトンネルに侵入しないか見張っている。
本編ではマックィーンとメーターが線路を走り、侵入していったトンネルから現れ追い返す。
コロッサス・XXL
ラジエーター・スプリングスにて登場する超大型ダンプ。トラクターやブルドーザーの様に家畜の一種と思われる。
メーターのいたずら(前作におけるトラクター転がし)のクラクションに驚き、ひっくり返された後排気管から強い煙を放出し、マックィーンとメーターを吹き飛ばした。
[4]前ページ
(3.8.イギリスにて登場するキャラクター)
[6]次ページ
(3.10.ピクサー映画のキャラクター)

16. 外見と走行音は最新式の電気自動車にも関わらず、車軸が錆びているのは伏線である。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/04/09 13:01
ソ人気記事ランキング
2018/04/23 更新
 1位モンテ・クリスト伯
 2位永山則夫連続射殺事件
 3位帝一の國
 4位4月22日
 5位セウォル号沈没事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant