カール・フォン・クラウゼヴィッツ
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.13.死後における著作発表
クラウゼヴィッツの死後にはブレスラウの駐屯地で簡単な葬送行進が行われた。残されたマリー夫人はクラウゼヴィッツの死後に遺稿をまとめる作業を開始する。そして1832年に彼の遺稿は『戦争および戦争指導に関するカール・フォン・クラウゼヴィッツ将軍の遺稿』として出版され、現在では、その1巻から3巻までに『戦争論』の内容が収録されている。夫人が刊行の辞を書いており、この著作が不完全な状態にあることを、クラウゼヴィッツが問題視していたことについて述べている。そこには、友人のグラーベンやオエッツェルの手伝いによって出版ができた、ことについての感謝も述べられている。マリー夫人が死去する1836年までに7巻までが出版され、残りは翌年に協力者たちによって発表された。この遺稿集では『戦争論』だけでなく、戦史についての記述や政治論集なども含まれている。

[4]前ページ
(1.12.晩年)
[6]次ページ
(2.1.二種類の戦争)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/14 19:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/19 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant