サービス終了のお知らせ
カール・ヤストレムスキー
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.2.現役時代
スター選手が並ぶヤンキースでは出場機会も少ないのではないかと考えるほか、ヤンキースのクラブハウスに招かれた時に相手にされなかった一幕もあり、ライバルであるボストン・レッドソックスへ入団した。

1961年左翼手としてメジャーリーグ初出場を果たす。このポジションは前年引退した大先輩であるテッド・ウィリアムズが守っていたポジションだった。

1963年打率.321で首位打者。1967年には打率.326、44本塁打、121打点で三冠王を獲得。

1967年のレッドソックスは前年のアメリカン・リーグ9位から一気に1位に躍り出ることに成功し、「インポッシブル・ドリーム」と称された。しかしワールドシリーズではセントルイス・カージナルスに3勝4敗で敗れ、1918年以来のシリーズ制覇はならなかった。

1968年には打率.301で、メジャーリーグ史上最も低い打率での首位打者となる。タイトルを獲得できなかったシーズンでも、多くの部門で常に上位につける確実な活躍を見せつづけた。

1975年に再びワールドシリーズに駒を進めるが、シンシナティ・レッズの前に再び3勝4敗で敗れる。

1983年に現役引退。

[4]前ページ
(1.1.プロ入り前)
[6]次ページ
(1.3.引退後)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/03 03:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant