サービス終了のお知らせ
オペロン
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
オペロン (Operon) とは
オペロン (Operon) とは、一つの転写因子によって同時に発現が制御される複数の遺伝子が存在するゲノム上の領域、あるいはその複数の遺伝子の組のことである。
遺伝学では、 オペロンは単一のプロモーター制御下にある遺伝子のクラスターを含むDNAの機能単位[2]。 遺伝子は一緒に転写されてmRNA鎖になり、細胞質で一緒に翻訳されるか、またはスプライシングを受けて別々に翻訳されるモノシストロン性 mRNA、すなわちそれぞれが単一の遺伝子産物をコードするmRNAのいくつかの鎖を作成。この結果、オペロンに含まれる遺伝子は一緒に発現されるか、まったく発現されない。オペロンを定義するには、いくつかの遺伝子を同時転写する必要がある[3]
もともと、オペロンは原核生物バクテリアに由来する色素体のような細胞小器官を含む)にのみ存在すると考えられていたが、1990年代初期に真核生物で最初のオペロンが発見されて以来[4] [5]世代への原核生物オペロンリードの一般的には、表現ポリシストロン性 mRNAを、真核生物のオペロンは、単シストロン性のmRNAにつながるながらも以前に想定されていたよりも一般的[6]
オペロンはバクテリオファージなどのウイルスにも見られ[7][8] たとえば、 T7ファージには2つのオペロンがある。最初のオペロンは、2番目のオペロンに結合して転写できる特別なT7 RNAポリメラーゼを含むさまざまな製品をコード。2番目のオペロンには、宿主細胞をバーストさせるための溶解遺伝子が含まれている[9]
目次
1.歴史
2.概要
├2.1.原義
└2.2.概念の一般化
3.大腸菌オペロンの種類
4.転写の単位として
5.オペロンと原核生物遺伝子のクラスター化
6.一般的な構造
7.規制
8.ラックオペロン
9.TRPオペロン
10.オペロンの数と組織の予測
11.脚注
12.外部リンク
13.参考文献
14.関連項目
出典:Wikipedia
2020/02/03 17:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant