オペラ
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.15.新ウィーン楽派のオペラ
いわゆる「新ウィーン楽派」の作曲家のオペラには、完成された作品としてはベルク(1885年 - 1935年)の『ヴォツェック』(1925年)、シェーンベルク(1874年 - 1951年)には『期待』(1909年)、『幸福な手』(1913年)、時事オペラの影響を受けた最初の十二音技法によるオペラ『今日から明日へ』(1929年)があるが、更に未完の作品である前者の『ルル』や後者の『モーゼとアロン』等の無調、十二音技法のオペラが、戦後のドイツ・オペラの発展や、のみならずイタリアのダッラピッコラノーノらのオペラに与えた影響は計り知れない。『今日から明日へ』は1幕物の作品であるが、大規模で本格的なオペラで十二音技法による最初のものは、クレネクの『カール5世』(1933年)で、これは時々上演される。

[4]前ページ
(2.14.近代のオペラ)
[6]次ページ
(2.16.戦後オペラ史)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/10 20:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/18 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位伊藤綾子
 4位滝口幸広
 5位11月17日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant