オウム真理教
▼人気記事ランキング
5.活動
5.6.訴訟・嫌がらせ
教団には弁護士青山吉伸がおり、批判に対し多数の訴訟を乱発していた。毎日新聞西日本新聞熊本日日新聞など初期からオウム報道をしていたマスコミも訴訟のターゲットとなり、事件発覚までマスコミがオウムへの追及を敬遠する一因となった[131]

さらに敵対者や脱会活動に対しては、

通勤経路にオウムのポスターを貼る[133]
車を並べる[133]
無言電話[134]
梵字による仄めかし[134]
盗聴[135]
街宣[136]
オウム真理教の音楽を流す[136]
などの嫌がらせを行い、これらはエスカレートし数々の襲撃事件に至った。

[4]前ページ
(5.5.信者)
[6]次ページ
(5.7.国外での活動)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/16 10:31
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant