サービス終了のお知らせ
オイゼビウス・マンディチェフスキ
▼人気記事ランキング
概要
 

オイゼビウス・マンディチェフスキドイツ語: Eusebius Mandyczewski, ウクライナ語: ?всев?й Мандичевський ?vsevij Mandy?ev?kyj, ルーマニア語: Eusebie Mandicevschi, 1857年8月18日 - 1929年7月13日)はオーストリア=ハンガリー帝国音楽学者・音楽教師・指揮者作曲家ウクライナ系ルーマニア系。幅広い知識と探究心をそなえた研究者として知られるが、出版した著作は数少ない。

経歴[編集]

正教会ウクライナ人司祭を父親に、ブコヴィナ北部のチェルノヴィツ(当時はオーストリア・ハンガリー帝国領、第一次世界大戦後はルーマニア王国領、現在はウクライナ領)に生まれる[1]ウィーン音楽院に進んで音楽理論をグスタフ・ノッテボームに、作曲をロベルト・フックスに、音楽学エドゥアルト・ハンスリックに師事[1]1879年よりヨハネス・ブラームスの親友となり[1]、そのサークルの一員となった(またブラームスがグスタフ・イェナーを指導するのを輔佐している)。

1887年よりウィーン・ジングアカデミーの指揮者ならびにウィーン楽友協会司書に就任。その後は1897年よりウィーン音楽院にて音楽史の教授に就任し、その後はウィーン音楽院で楽器史、和声法、対位法、作曲を指導した。 1916年には枢密院に登用された。

フランツ・シューベルト作品全集およびフランツ・ヨーゼフ・ハイドン作品全集の校訂者であり、また友人ブラームスの作品全集において門弟ハンス・ガルとともに校訂に当たった。これらの版は、ドーヴァー社より復刻されている。

その他の著名な門人に、ジョージ・セルカール・ベームヨーゼフ・クリップスフリッツ・シュティードリーアルトゥール・シュナーベルら。

作曲家としては、正教会のための奉神礼音楽のほか、ピアノ曲連作歌曲を手懸けた。

1929年にニーダーエスターライヒ州のズルツ(Sulz im Weinviertel)で没した[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

Martha Handlos: Mandyczewski, Eusebius. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 16, Duncker & Humblot, Berlin 1990, , S. 20 (電子テキスト版).
“Mandyczewski, Eusebius (1857-1929), Musikwissenschaftler und Komponist”. ?sterreichisches Biographisches Lexikon. 6. (1973). p. 49. https://www.biographien.ac.at/oebl/oebl_M/Mandyczewski_Eusebius_1857_1929.xml;internal. 
出典:Wikipedia
2019/04/09 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant