サービス終了のお知らせ
オリンピックの独立参加選手団
▼人気記事ランキング
概要
オリンピック独立参加選手団(どくりつさんかせんしゅだん、: Independent Olympic Participants / Independent Olympic Athletes)は、ある国家において何らかの事情で国内オリンピック委員会(NOC)が未設立かあるいは国際オリンピック委員会(IOC)の制裁下にある場合、当該国の選手がオリンピックに出場できるようにするための救済措置として結成されるチームである。

なお、「国家を代表する選手」とは見なされないため、表彰時には国旗・国歌の代わりに五輪旗五輪賛歌が用いられる。

結成された例[編集]

1992年バルセロナオリンピックの独立参加選手団 - ユーゴスラビア紛争によりユーゴスラビアオリンピック委員会が制裁下にあったため。
2000年シドニーオリンピックの個人参加選手団 - 東ティモール独立時、NOCが未設立であったため。なおこの時は「個人参加選手団: Individual Olympic Athletes)」という名称が使用されている。
2012年ロンドンオリンピックの独立参加選手団 - オランダ領アンティルの解体および南スーダンの独立によりNOCが未設立であったため。
2014年ソチオリンピックの独立参加選手団 - インド政府の干渉が原因でインドオリンピック委員会が制裁下にあったため。開催中に制裁が解除されたため、閉会式では「インド選手団」として参加。
2016年リオデジャネイロオリンピックの独立参加選手団 - クウェート政府の干渉が原因でクウェートオリンピック委員会が制裁下にあったため。
2018年平昌オリンピックのロシアからのオリンピック選手団 - ロシアにおけるドーピング問題によりロシアオリンピック委員会が制裁下にあったため、独立参加選手団に準じた扱い(五輪旗五輪賛歌を使用)で参加。

関連項目[編集]

国家を代表しないオリンピック選手団の例
混合チーム - 1896年(第1回)から1904年(第3回)のみ存在。
1980年モスクワオリンピックにおいて、ソ連のアフガニスタン侵攻への抗議として西側諸国でボイコット騒動が発生したが、参加した国の選手団も国旗を用いず五輪旗を使用した。中でもイギリスは政府後援を得られず、NOCが独自に選手を派遣した。
EUN選手団 - 1992年の第25回および冬季第16回のみ存在。ソ連崩壊により当該各国のNOCが未承認だったことによる。
2016年リオデジャネイロオリンピックの難民選手団
出典:Wikipedia
2018/09/20 23:03
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant