サービス終了のお知らせ
オリンピア (映画)
▼人気記事ランキング
4.日本公開
当時の日本ではテレビ放送は存在せずラジオ中継のみであったため、映像が公開されたことは大変な評判となった。映画は大ヒットとなり、当時ライバル社ユナイテッド・アーティスツで『駅馬車』の宣伝を担当していた淀川長治は非常に悔しい思いをしたと回想している。手塚治虫は『アドルフに告ぐ』の冒頭をベルリン五輪で開始し、西田修平大江季雄の陸上棒高跳びの場面など、当作を意識した描写になっている。

[4]前ページ
(3.バージョンについて)
[6]次ページ
(5.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/16 22:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant