サービス終了のお知らせ
オープンソースソフトウェア
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
オープンソースソフトウェア: Open Source Software、略称: OSS)とは、利用者の目的を問わずソースコードを使用、調査、再利用、修正、拡張、再配布が可能なソフトウェアの総称である[1]
1950年代のコンピュータ上でソフトウェアが稼働するようになった頃、学術機関・研究機関の間でソフトウェアのソースコードはパブリックドメインで共有されていた。1970年代前後よりソフトウェア開発は徐々に商業となり、ソフトウェアの再頒布を禁止するプロプライエタリ・ソフトウェア、ソースコードを非公開とするクローズドソースの文化ができあがった[2]。1980年代より利用者がソフトウェアのソースコードを自由に利用できないことをストレスに感じた人たちはフリーソフトウェア財団オープンソース・イニシアティブを立ち上げ、ソースコードを一般に公開してソフトウェアの利用者による利用・修正・再頒布を許すことによるソフトウェア開発の発展を提唱し、オープンソースソフトウェアの文化ができあがった。
一般に使われている基準として、オープンソース・イニシアティブの提唱するオープンソースおよびフリーソフトウェア財団の提唱するフリーソフトウェアのカテゴリに含まれるソフトウェアがオープンソースソフトウェアである[1][3]。ソフトウェアのソースコードが公開されていても、その利用・修正・再頒布が有償である、商用利用は禁止されるなどの制限がある場合は、オープンソースソフトウェアではなくプロプライエタリ・ソフトウェアシェアードソース・ソフトウェアと呼ばれる[4]。オープンソースソフトウェアに課すソフトウェアライセンスはオープンソースライセンスと呼ばれ、管理団体やコミュニティによってある程度精査されており、GNU GPLApache-2.0MITなどの既存の汎用的なライセンスを利用することが推奨されている[5][6]
類似した概念にオープンソースハードウェアオープンシステムオープンコンテントなどがある。
目次
1.歴史
2.定義
3.標準化団体
├3.1.オープンソース・イニシアティブ
├3.2.フリーソフトウェア財団
└3.3.その他の団体
4.ライセンス
├4.1.誓約
├4.2.ガイドライン
└4.3.検討課題
5.OSS開発
├5.1.開発手法
├5.2.プロジェクト
└5.3.ビジネスモデル
6.オープンソース文化・運動
├6.1.OSS啓発本・映画
└6.2.フリーソフトウェア運動
7.他のソフトウェアモデルとの比較
├7.1.フリーソフトウェア
├7.2.シェアードソース・ソフトウェア
└7.3.プロプライエタリ・ソフトウェア
8.批評と論争
├8.1.ソフトウェアの品質
├8.2.フリーソフトウェア支持者の批判
├8.3.GNU/Linux名称論争
├8.4.ハロウィーン文書
└8.5.SCO-Linux論争
9.派生した用語
├9.1.FLOSS
└9.2.オープンソース- / オープン-
10.脚注
11.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/01/09 22:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant