オーストリア
▼人気記事ランキング
9.文化
9.2.音楽
オーストリア人の音楽文化への態度は保守的と評されたのも、今は昔の話であり、傑出した作曲家が若手の世代からデビューすることも増えてきた。近年ではキプロスポーランドといった国の出身の者がオーストリアへ市民権を移し、オーストリア人によって積極的に評価され優れた作品を生むものも存在する。クラシック音楽のみならず、即興音楽やテクノエレクトロニカなどのジャンルに於いても、未来をになう人材を輩出中である。また、国が芸術家を支援する態度も充実しており、才能があればすぐ委嘱がくるとまで言われている。インターネットラジオも、充実度が高い。

クラシック音楽[編集]


18世紀後半にウィーン古典派が興って以降、ウィーンはクラシック音楽における重要な都市となり、やがて「音楽の都」と呼ばれるようになった。オーストリア出身の重要な作曲家には、ハイドンモーツァルトシューベルトブルックナーヨハン・シュトラウス2世マーラーベルクなどがいるが、いずれもウィーンを活動の拠点とした。この他、ドイツ出身のベートーヴェンブラームスもウィーンで活動した。音楽家についてはオーストリアの作曲家を参照。

これらの伝統を引き継ぎ、演奏活動の面では現在もウィーンはクラシック音楽の重要な拠点となっている。

オペラオペレッタ
ウィーン国立歌劇場
ウィーン・フォルクスオーパー
演奏団体
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン交響楽団
ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団
ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団
ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団
祝祭上演
ザルツブルク音楽祭
ザルツブルク復活祭音楽祭
ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭
ザルツブルク国際モーツァルト週間
ブレゲンツ音楽祭
[4]前ページ
(9.1.食文化)
[6]次ページ
(9.3.文学)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/17 14:00
ソ人気記事ランキング
2019/04/19 更新
 1位日本
 2位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 3位モンキー・パンチ
 4位永山則夫連続射殺事件
 5位4月18日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant