オーランド・ヘルナンデス
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.3.ワークアウトの真実
2004年3月頃にマイアミ大学で行ったワークアウトは、実はヘルナンデスのために開かれたものではなかった。ヘルナンデスの代理人を務めていたジェフ・ムーランドが、同じく顧客のドノバン・オズボーンとランディ・キースラーを売り込むためのものであった。また、上記の2人以外にもヘルナンデスの友人と思われる選手も含まれていた。そこでヘルナンデスは手術明けにも関わらず、まともにウォームアップもせず、丸めたタオルをボール代わりにして投球モーションの確認をした。そして、マウンドに向かい、最高78mph(約125.5km)の速球と大きく変化するカーブを交えながら35球を投じた。

投球練習の終了後にあるスカウトは「OK。で、ウォーミングアップは終わったのか?」と嫌味を言った。また、別のスカウト3人は後にこのワークアウトを振り返り、「あれは芝居だった」、「時間の無駄」、「悪い冗談だった」と言い放った。だが、ヘルナンデスと彼の古巣ヤンキースが密約を交わした事を前程とした上で、「他球団のスカウトを油断させるために、わざと手抜きのピッチングをしたのではないか」と推測したスカウトもいた。後にヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMがこの推測を否定している。

[4]前ページ
(1.2.ヤンキース時代)
[6]次ページ
(1.4.ヤンキース退団後)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/08 16:31
ソ人気記事ランキング
2019/09/17 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位凪沢怜奈
 4位池田大作
 5位9月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant