オーランド・ヘルナンデス
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.1.キューバ時代 - 亡命
キューバ時代は国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"のレオネス・デ・インダストリアレスに所属していた。1991-1992シーズンのインダストリアレスのリーグ制覇に貢献。1993-1994シーズンは11で最多勝のタイトルを獲得した。10年間の在籍で防御率3.05・126勝47の成績を記録した。革命後のキューバリーグでは最高となる通算勝率.728を保持している[1]

1992年8月のバルセロナオリンピック野球キューバ代表として結果を残せなかったものの、1993年6月の第11回インターコンチネンタルカップや1994年8月の第32回ワールドカップでは活躍し、キューバの優勝に貢献した[2]

1995年9月に弟のリバン・ヘルナンデスMLBを目指してドミニカ共和国亡命したため、国内リーグを出場停止となった。

1996年にはアメリカ合衆国代理人から金銭を受け取り、亡命を企てた容疑が濃厚になったとして身柄を拘束され、尋問を受けた。10月29日にヘルマン・メサ、アルベルト・エルナンデスと共に国内リーグから永久追放された事が明らかになった[2][3]

1997年クリスマスの日に別れた妻と2人の娘をキューバに残し[4]、他の選手ら7人と共にボートに乗って亡命を試みた。

実際には6mのエンジン付きの漁船であったが、ドラマチックに取り上げてもらおうと思った代理人はいかだで荒波に出たと発表した[2]カリブ海沿岸警備隊によって拘束されたが、代理人とキューバ系アメリカ人財団の働きかけにより、ジャネット・レノ司法長官は人道的見地などから在留特別許可を与えると発表した。その場合はMLBドラフト対象選手となってしまうためにヘルナンデスはコスタリカへの亡命を選択し、1998年3月23日にMLBのニューヨーク・ヤンキースと4年総額660万ドルで契約を結んだ。

[6]次ページ
(1.2.ヤンキース時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/08 16:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/26 更新
 1位日本
 2位飯田祐基
 3位文京区幼女殺人事件
 4位肥後亨
 5位名古屋小6受験殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant