サービス終了のお知らせ
エドワード2世 (イングランド王)
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.1.生い立ち
1284年4月25日イングランド王エドワード1世と王妃エリナー・オブ・カスティルの四男としてウェールズカーナーヴォン城で生まれた。上の兄三人はいずれも幼くして薨去したため、嫡男の立場だった[1][2]

10歳の頃の1294年に同世代のピアーズ・ギャヴィストンを遊び友達として付けられ、親密な関係となる。以降彼への寵愛が始まる(同性愛の関係とも)[3][2]

1301年、父王は、イングランド支配下ウェールズの人心を掌握することを目的としてルウェリン・アプ・グリフィズが所持していたウェールズ大公(プリンス・オブ・ウェールズ)の称号をエドワードに授けた。以後、この称号はイングランド・イギリス皇太子に与えられる伝統となる[4]

1306年3月、イングランドの支配下に置かれていたスコットランドでキャリック伯ロバート・ブルース(ロバート1世)がスコットランド王即位を宣言し、エドワード1世に反旗を翻した。エドワード1世は当時赤痢を患っていたので、皇太子エドワードと第2代ペンブルック伯エイマー・ド・ヴァランス英語版を鎮圧軍の先発としてスコットランドに派遣した[5]。しかし彼のテントは、戦場に不向きな舞踏会で着るような衣装でいっぱいであり、それを貴族や騎士たちに見せびらかして、ひんしゅくを買ったという[6]。結局この先発軍は1307年5月のロウドゥン・ヒルの戦い英語版でロバート率いるスコットランド軍に敗北した[5][7]

[6]次ページ
(1.2.国王に即位)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/14 01:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant