サービス終了のお知らせ
エストニア
▼人気記事ランキング
7.地理
南のラトビアとの国境線は267キロメートル、東のロシアとの国境線は290キロメートルあり、フィンランド湾に面する北の海岸は主に石灰岩からなる。

国土の最高標高地点はスールムナマギ(大きな卵の丘)で標高318メートル、1812年に最初の展望台が建設され、現在、展望台は5つあり[注 9]、東にロシア領、南にラトビア領が望める[18](位置:左地図参照)。

首都タリンからフィンランド湾の北の対岸フィンランドの首都ヘルシンキまで85キロメートル、同じく湾の東奥ロシアのサンクトペテルブルクまで350キロメートルである[2]

最大の湖は東部のペイプシ湖で、面積は琵琶湖の5.22倍、湖の中央にはロシアとの国境線がある。国土の50.5%は森林となっている。

ペイプシ湖から、タルトゥに次ぐエストニア第3の都市ナルヴァ(ロシアとの国境の街)を経て、フィンランド湾に流れ込むナルヴァ川は、エストニアとロシアの国境線となっている。

[4]前ページ
(6.地方行政区分)
[6]次ページ
(7.1.地形)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/04 17:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant