エカチェリーナ2世
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
エカチェリーナ2世エカチェリーナ2世アレクセーエヴナロシア語: Екатерина II Алексеевна, ラテン文字転写: Yekaterina II Alekseyevna (イカチリーナ・フタラーヤ・アレクセーエヴナ)1729年4月21日ロシア暦)/5月2日グレゴリオ暦) - 1796年11月6日(ロシア暦)/11月17日(グレゴリオ暦)は、ロマノフ朝第8代ロシア皇帝(在位:1762年6月28日ロシア暦)/7月9日グレゴリオ暦) - 1796年11月6日(ロシア暦)/11月17日(グレゴリオ暦))。夫はピョートル3世ならびにグリゴリー・ポチョムキン秘密結婚)、子はパーヴェル1世ほか。
プロイセンフリードリヒ2世(大王)やオーストリアヨーゼフ2世と共に啓蒙専制君主の代表とされる。ロシア帝国の領土をポーランドウクライナに拡大し、大帝 (ヴェリーカヤ)Вели?кая)と称される。
帝政時代にロシア帝国国立銀行が発行していた100ルーブル紙幣の肖像に描かれていたほか、沿ドニエストル共和国の国立銀行が発行する500沿ドニエストル・ルーブルにも描かれていた。
日本では従来「エカテリーナ」の表記が多かったが、近年は原音により忠実な「エカチェリーナ」の表記が普及してきた。また、ドイツ語英語由来の「カタリーナ」(Katharina II.)、「カザリン」、「キャサリン」などの表記も散見する。しかし、тの音素はテを表しチェと言いたいときはчを使うので「エカテリーナ」の方が忠実である。
目次
1.生涯
├1.1.生い立ち
├1.2.結婚
├1.3.出産
├1.4.皇后のクーデター
├1.5.女帝としての治世
└1.6.晩年
2.称号
3.人物
├3.1.文化・教育
└3.2.私生活
4.日本人が見たエカチェリーナ2世
5.授与された勲章
6.系譜
7.参考文献
8.関連書籍
9.エカチェリーナ2世を扱った作品
10.脚注
11.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/17 05:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/19 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant