サービス終了のお知らせ
エウローペー
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
エウローペー古代ギリシア語: Ε?ρ?πη, Eur?p?, ラテン語: Europa)は、ギリシア神話に登場する女性である。ラテン語ではエウローパ日本語では長母音記号を省略しエウロペエウロパとも表記される。地名のヨーロッパや、木星衛星エウロパの名の由来である。
フェニキアの古代都市テュロスの王アゲーノールテーレパッサの娘で、カドモスキリクスポイニクスタソスと兄弟。ゼウスとの間に3人の息子ミーノースラダマンテュスサルペードーンをもうけた[1]。エウローペーは本来ミノア系の大地の女神だったと考えられているが[2]、元々神話中の人物だったエウローペーがクレータ島にいた女神と同一視され崇拝されるようになったという説もある[3]
目次
1.概要
2.西洋美術におけるエウローペー
└2.1.ギャラリー
3.系図
4.出典
5.参考文献
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/11/22 08:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant