エイドゥル・グジョンセン
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.3.代表
グズヨンセンは、1992年14歳の時にU-17でデビューし、1994年までの間に26試合7得点を記録した。U-19では9試合に出場すると、年内にはU-21に選ばれた。ここでは、4年間の間に12試合5得点を記録した。

グズヨンセンは、1996年にアイスランド代表としてA代表デビューをすると、60試合以上に出場し、最多得点となる24得点を叩き出した。2007年10月13日にホームでのラトビア代表戦で2-4と敗北したが、この試合で2ゴールを挙げ、リカルズル・ヨーンソンが保持していた得点記録17を抜いた。

1996年4月24日エストニアタリンで行われたエストニア代表戦に17歳のグジョンセンは、34歳の父アルノール・グジョンセンと交代で出場するという歴史が作られた。その後、試合はアイスランドが3-0で勝利した。この親子による記録は現在も続いている。

父と交代で出場したこの試合が2人が最も近づいた試合だった。しかし、これ以降親子は一緒にプレーすることはなかった。父アルノールが2001年に引退した際に"息子と共にプレーすることが出来なかったのがキャリアで最大の後悔だった"と語った。[33]

FIFAワールドカップに縁は無く、2014 FIFAワールドカップ予選ではプレーオフに進出し、本大会出場に前進、しかしクロアチア代表に敗れ、直後に代表引退を表明した[34]

2015年3月にアイスランド代表に復帰し、3月28日のEURO 2016予選カザフスタン戦では5年半ぶりのゴールを挙げた。

2016年、EURO 2016に出場し、主要国際大会にデビューする[35]

[4]前ページ
(1.2.クラブ)
[6]次ページ
(2.プレースタイル)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/12 22:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/07 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位HR 8799 d
 5位ガイナックス
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant