エイドゥル・グジョンセン
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.1.初期
1995年、17歳の時にヴァルル・レイキャヴィークでプロデビューし、翌年には代表入りを果たした。1996年4月24日アウェーのタリンで行われたエストニア戦で代表デビューすると、この試合では父のアルノール・グジョンセンと交代で後半ピッチに入った。

後に、父と息子両方共この試合で一緒にプレー出来なかったことを悔しがった。アイスランドサッカー協会のエガート・マグヌソン会長(のちのウェストハム・ユナイテッドFC会長)とロギ・オラフソン監督は、この歴史的な瞬間をホームで迎えたかったため、敢えて同時に起用しなかった。この2ヶ月後の1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選グループリーグのマケドニア代表戦でチャンスが訪れた。[2]

しかし、この試合の1ヶ月後のU-18アイルランド代表戦で足首を負傷したため、このチャンスを逃してしまった。診断未確定腱炎になってしまったため復帰は困難なものとなった。

クラブレベルでは、エールディヴィジPSVアイントホーフェンに2年間在籍した。非常に期待されていたが、同時期に若く有望なブラジル人ロナウドがいた。代表戦での怪我とロナウドの存在があったため、最終的にPSVはグズヨンセンを放出した。母国アイスランドのKRレイキャヴィークにしばらく在籍した後、1998年にボルトン・ワンダラーズFCへ移籍していった。

[6]次ページ
(1.2.クラブ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/18 18:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/22 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位山本美香
 4位8月21日
 5位名古屋小6受験殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant