サービス終了のお知らせ
エアランゲン
▼人気記事ランキング
7.文化と見所
7.3.メディア
日刊紙では、「エアランガー・ナヒリヒテン」にライバル紙はない。全国面は「ニュルンベルガー・ナハリヒテン」と共通で、ニュルンベルガー・プレッセ・ドルックハウス・ニュルンベルク出版が両紙を刊行している。エアランゲンのローカル面はエアランゲンのローカル編集局で作成されるが、1998年以降印刷は完全にニュルンベルクで行われている。ごく希に「フレンキシャー・ターク」が見られる。この新聞のエアランゲン=ヘーヒシュタット郡向けのローカル版には「エアランゲン」と記されているが、市内では小売店や通信販売でしか入手できない。

1976年1月から左翼志向の月刊誌「ヴァス・レフト」(後に「ヴォルテ・シュタット・ターテン」というサブタイトルがつけられた)があった。この雑誌は地方政治のテーマや国際政治問題を取り扱っていた。新しい ミレニアムの初めに運営団体は、ニュルンベルク=フュルト=エアランゲン向けに新たな左翼志向の月刊誌「ラウムツァイト」の創刊を決定した。この雑誌は2005年からインターネットのみとなり、同年に廃刊となった。

それに加えて、限られた読者層向けの一連の雑誌もある。これらはその背景によって、内容、装丁、出版頻度、部数が大きく異なっている。その範囲は、エアランゲン市の広報紙から市区の新聞、教会の会報に及ぶ。市区の新聞の例としては、アルトシュタットフォーラム・エアランゲンの「アルトシュタットツァイトゥング」やビューヒェンバッハの「パズル」などがある。

居酒屋や大学の施設で無料配布されている情報誌「フーゴー!」やニュルンベルク周辺で刊行されているタウン誌「ドッペルプンクト」や「カート」のエアランゲン版がある。

年に4回刊行される季刊誌「ヘルプスト=ツァイトローゼ」は主にシニア向けである。

「シュトラーセンクロイツァー」はニュルンベルク=フュルト=エアランゲン地域向けのストリート新聞で、道路で配布されている。

1987年2月1日からエアランゲン独自のラジオ放送「ラジオ・ダウンタウン」があった。当初は1日9時間放送を行っていたが、その後1日16時間に拡張された。ラジオ・ダウンタウンは、超短波の周波数 95.8 MHz をニュルンベルクの自由ラジオ放送「ラジオ Z」と共有していた。ラジオ・ダウンタウンは、特にフランケン地方のバンドに多くの時間を充てていたことで人気があった。たとえば、フィドラーズ・グリーン、スロウ・ザッツ・ビート・イン・ザ・ギャベイジカン!、メーロンス・オブ・ネーエミアー(2001年からメーロンス・リヒター)、J.B.O.ドイツ語版英語版、ヴェルッケン・オールスターズ、ケヴィン・コインドイツ語版英語版といったバンドやミュージシャンが、地域のチャートを通じてより多くの聴衆を開拓することができた。この周波数は、1995年12月3日から NRJグループドイツ語版英語版により、ラジオ局「エネルギー・ニュルンベルク」に移譲された。

[4]前ページ
(7.2.博物館・美術館)
[6]次ページ
(7.4.音楽)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/15 06:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant