サービス終了のお知らせ
エアランゲン
▼人気記事ランキング
5.経済と社会資本
5.8.エアランゲン都市施設局および市の機関
エアランゲン都市施設局 AG (ESTW) は、1858年に設立されたエアランガー・ゲゼルシャフト AG を起源とする。この機関は自前のガス工場で、市へのガス供給を保証する機関であった。1915年にこの機関はシュテティシェ・テクニシェ・ヴェルケ・エアランゲン(直訳: エアランゲン都市技術施設)と改名された。1939年にシュタットヴェルケ・エアランゲンという名称でエアランゲン市が出資する企業となり、1967年に ESTW - エアランゲン都市施設局 AG という名称となった。エアランゲン市がこの会社の唯一の所有者である[86]

ESTW は、エアランゲン市に電気、温熱、天然ガス、水を供給し、エアランゲンのスイミングプールを運営し、街灯や道路信号機の設置や維持管理を行い、エアランゲンの都市交通を変更する権限を有している。

エアランゲン市は、ESTW の他にもインフラストラクチャーの設置および管理を行う市営機関をいくつか有している。たとえば、以下のものがある:

エアランゲンの汚水処理場を運営する排水局 (EBE)。以前からこの業務を ESWT に管轄させることが繰り返し議論されているが、現在まで結論は出ていない。
塵芥処理場と市の緑地を管轄する、都市緑化・ゴミ処理・道路清掃局
エアランゲンは自前の畜殺場を有しており、市が所有する企業エアランガー・シュラハトホーフ GmbH がこれを運営している。

[4]前ページ
(5.7.交通)
[6]次ページ
(5.9.小売業)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/15 06:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant