サービス終了のお知らせ
エルシミクロビウム門
▼人気記事ランキング
概要
エルシミクロビウム門(-もん、Elusimicrobia)は、2008年に提唱された細菌の門である。

この分類群は、2008年Pachnoda ephippiataハナムグリの1種)の幼虫の腸から報告されたElusimicrobium minutum(エルシミクロビウム・ミヌトゥム; ラテン語で「小さく、捕まえにくい微生物」の意)に対して提唱されたものである。E. minutumは、従来シロアリ後腸に存在し、TG1系統と呼ばれていたグループの最初の培養株と考えられている。

タイプ種であるE. minutum以外の生態ははっきりとしないが、この種は嫌気グラム陰性の従属栄養細菌で、糖類などを発酵して生育する。2011年現在、これ以外は記載されておらず、Ca. "Endomicrobium"を初めとしたいくつかの系統が、シロアリやゴキブリ後腸に生息する原生生物の細胞内共生菌として知られている。

参考文献[編集]

Geissinger, O., Herlemann, D.P.R., M?rschel, E., Maier, U.G. & Brune, A. (2009年). “The ultramicrobacterium "Elusimicrobium minutum" gen. nov., sp. nov., the first cultivated representative of the Termite Group 1 phylum.”. Appl. Environ. Microbiol. 75 (9): 2831?2840. doi:10.1128/AEM.02697-08. PMC 2681718. PMID 19270135. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2681718. 
Herlemann, D.P.R., Geissinger, O., Brune, A. (2007年). “The Termite Group I phylum is highly diverse and widespread in the environment.”. Appl. Environ. Microbiol. 73 (20): 6682?6685. doi:10.1128/AEM.00712-07. PMC 2075069. PMID 17704269. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2075069. 
Herlemann, D.P.R., Geissinger, O., Ikeda-Ohtsubo, W., Kunin, V., Sun, H., Lapidus, A., Hugenholtz, P. & Brune, A. (2009年). “Genomic analysis of "Elusimicrobium minutum," the first cultivated representative of the phylum "Elusimicrobia" (formerly Termite Group 1).”. Appl. Environ. Microbiol. 75 (9): 2841?2849. doi:10.1128/AEM.02698-08. PMC 2681670. PMID 19270133. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2681670. 
出典:Wikipedia
2018/09/25 21:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant