エルヴィス・プレスリー
▼人気記事ランキング
2.経歴
2.6.映画との関わり
歌手として有名になっていくにつれて、映画配給会社数社から出演の依頼がプレスリーのもとに届いた。プレスリーは大変喜んで、劇場に通いつめ、演技を独学で勉強した。初出演映画にはパーカー大佐がプレスリーを映画の主演にさせたかったので20世紀FOX配給「Rino Brothers」を選んだ。プレスリーはシリアスな演技派を目指していた為、映画内での歌には興味がないと公言していたが、結局パーカー大佐の要請で4曲も歌う羽目になりタイトルも「Love Me Tender」に変更されて公開された。プレスリーは当時のガールフレンドに「映画会社がアホな曲を用意してきたんだよ。せっかくのいいストーリーが台無しになっちゃったよ」と不満を漏らしている。

陸軍入隊前までの1958年までに4作の映画が製作されたが、いずれも挿入歌ありの主演映画に終始し、おまけに映画挿入歌を収めたアルバムが好評だったため、当時のショウビジネスの世界に新たなビジネスの形態を作り出した。1960年に陸軍除隊するとパーカー大佐は配給会社数社と長期に渡り出演契約を結んだ為、1969年まで1年に3本のペースで27本もの映画の製作が行われ、活動の拠点をハリウッドに移さざるをえなかった。おおよその映画は制作費を抑えた挿入歌アルバム付きのものが多かったが、「G.I. Blues」、「Blue Hawaii」、「Viva LasVegas(ラスヴェガス万才)」等、話題にはなったが、プレスリーの映画は全体的に評価が低い。評価されたのは「オン・ステージ」「オン・ツアー」など、コンサートをドキュメンタリー的に記録したものだけである。

結局、1956年から1969年まで計31本の映画が公開された中で、プレスリーが望んだ(主題歌以外の)歌のない映画は、1969年公開の「Charro!(殺し屋の烙印)」のみであった。この映画が製作された頃のプレスリーは1960年代初期と違い、映画への意欲が薄らいでいた時期ではあった(1968年のカムバックを経て、残った契約の消化を急いでいた)が、久しぶりに前向きに臨んだ西部劇で役作りの為にあごひげまではやし撮影された。しかし、プレスリーの主演映画に対する世間の注目度が低かったこと、脚本の出来もイマイチだったことなどが原因で映画の興行成績は振るわなかった。

そういう状況の中、ミュージカル映画の枠を超えていなかったこと、台本の出来の悪さ[21]、また、プレスリーが力を入れて撮影したシーンがカットされたことなど、プレスリーの仕事への不満は募っていき、それが歌手としてコンサート活動を再開するきっかけになった。

歌手活動の本格再開後も、1970年8月のラスベガス公演やリハーサル風景を収めたドキュメンタリー映画「Elvis: That’s the Way It Isエルヴィス・オン・ステージ)」や1972年4月のコンサート・ツアーの模様を収めたドキュメンタリー映画「ELVIS On Tour(エルヴィス・オン・ツアー)」が製作され、好評だった。それ以降は映画の公開はなかったが、プレスリーの死後の1981年には、ほとんどを生前の映像等で構成したライフ・ストーリー的映画「This Is ELVIS」が公開された。これらを合わせると、プレスリーが主演した映画は計34本となる。

1974年8月19日に、ラスベガス公演中のプレスリーの楽屋をバーブラ・ストライザンドが訪れた。バーブラは自らが主演する映画「A Star Is Born(スター誕生)」での共演をプレスリーに依頼し、プレスリー自身も非常に乗り気だったと伝えられているが、後日パーカー大佐が出演料を理由に断った。

1970年代半ば、プレスリー自身が起案し出演する空手家が主人公の映画の撮影を行ったが、完成することはなかった。理由の一つとして、プレスリーの体調が悪くなることが多く空手を続けられる状況ではなくなり、空手自体をやめてしまったことが挙げられる。ちなみに、空手の後の太り始めた頃からの趣味はラケットボールで、医師からの勧めで始めた。プレスリーは自宅であるグレイスランドの敷地内に専用コートを建てた。亡くなる1977年8月16日の早朝も友人たちとプレーし、汗を流した。

出演作品[編集]


32本の映画出演作(ドキュメンタリーは除いて)全てが主役という驚異的な記録を残している。

やさしく愛して Love Me Tender (1956年)
さまよう青春 Loving You (1957年)
監獄ロック Jailhouse Rock (1957年)
闇に響く声 King Creole (1958年)
G.I.ブルース G.I. Blues (1960年)
燃える平原児 Flaming Star (1960年)
嵐の季節 Wild in the Country (1961年)
ブルー・ハワイ Blue Hawaii (1961年)
夢の渚 Follow That Dream (1962年)
恋のKOパンチ Kid Galahad (1962年)
ガール!ガール!ガール! Girls! Girls! Girls! (1962年)
ヤング・ヤング・パレード It Happened at the World's Fair (1963年)
アカプルコの海 Fun in Acapulco (1963年)
キッスン・カズン Kissin' Cousins (1963年)
ラスベガス万才 Viva Las Vegas (1964年)
青春カーニバル Roustabout (1964年)
フロリダ万才 Girl Happy (1965年)
いかすぜ!この恋 Tickle Me (1965年)
ハレム万才 Harum Scarum (1965年)
フランキーandジョニー Frankie and Johnny (1966年)
ハワイアン・パラダイス Paradise, Hawaiian Style (1966年)
カリフォルニア万才 Spinout (1966年)
ゴー!ゴー!ゴー! Easy Come, Easy Go (1967年)
ダブル・トラブル Double Trouble (1967年)
ブルー・マイアミ Clambake (1967年)
ステイ・アウェイ・ジョー Stay Away, Joe (1968年)
スピードウェイ Speedway (1968年)
バギー万才 Live a Little, Love a Little (1968年)
殺し屋の烙印 Charro! (1969年)
トラブル・ウィズ・ガール The Trouble with Girls (1969年)
チェンジ・オブ・ハビット Change of Habit (1969年)
エルビス・オン・ステージ Elvis: That's the Way It Is (1970年)
エルビス・オン・ツアー Elvis on Tour (1972年)
[4]前ページ
(2.5.軍歴)
[6]次ページ
(2.7.ビートルズとの会見)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/21 10:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant