エリザベス2世
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
エリザベス2世(エリザベス2せい、イギリス英語: Elizabeth II1926年4月21日[1] - )は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を含む、16か国の主権国家イギリス連邦王国)の君主であり、王室属領海外領土元首である。また、イングランド国教会の首長。イギリスの君主としてはウィンザー朝の第4代女王である。
実名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリー英語: Elizabeth Alexandra Mary)。
1952年2月6日イギリス女王(国王)に即位してイギリス連邦に加盟する独立国家たる7か国、すなわち、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)、カナダオーストラリアニュージーランド南アフリカ連邦パキスタンセイロン女王(国王)になる。連合王国女王のレルムに属する国家および領土の数は1956年から1992年までに独立あるいは共和制に移行したりしたため少しずつ変わっていく。
2018年現在の今日においては、(現在まで存続している)前述の4か国(イギリスカナダオーストラリアニュージーランド)に加え、ジャマイカバルバドスバハマグレナダパプアニューギニアソロモン諸島ツバルセントルシアセントビンセント・グレナディーンベリーズアンティグア・バーブーダセントクリストファー・ネイビスがエリザベス2世女王を君主としている。こうしてエリザベス2世は、合計16か国の君主を兼ねている。またクック諸島など、上記の国と自由連合制をとる国や、その他の国・地域の中にも女王を元首としているところが存在する。またイギリス連邦においては統合の象徴であるコモンウェルスの長と規定されている。
2007年高祖母たるヴィクトリア女王を抜いてイギリス史上最高齢の君主になった。
2015年1月23日にはサウジアラビア国王のアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズが90歳で死去したことにより、88歳(当時)で存命する在位中の君主の中で世界最高齢になった[2]
2015年9月9日には、在位期間が63年と216日となり、同じくヴィクトリア女王を抜いてイギリス史上最長在位の君主となった[3]
さらに、2016年10月13日にはラーマ9世タイ王国国王)の死去により、2019年5月1日現在、存命の君主では世界第1位の長期在位君主となった。
目次
1.概要
2.来歴
├2.1.生い立ち
├2.2.王女時代
├2.3.女王即位
└2.4.女王時代
3.称号
├3.1.イギリスにおける称号および呼称
├3.2.イギリスにおける称号および呼称の変遷
└3.3.イギリス以外の称号
4.人物
├4.1.女王と競馬
└4.2.エピソード
5.子女
6.租税回避地での資産運用
7.関連作品
├7.1.映画
└7.2.テレビドラマ
8.系譜
└8.1.系図
9.脚注
└9.1.出典
10.参考文献
11.関連項目
12.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/09/16 22:01
ソ人気記事ランキング
2019/09/16 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位池田大作
 4位9月15日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant