サービス終了のお知らせ
エリザベス・ステュアート
▼人気記事ランキング
概要
エリザベス・ステュアート英語: Elizabeth Stuart, 1596年8月19日 - 1662年2月13日)は、スコットランド王ジェームズ6世すなわちイングランドジェームズ1世と王妃アンの長女、ヘンリー・フレデリック・ステュアートの妹でチャールズ1世の姉。プファルツ選帝侯フリードリヒ5世ボヘミアの「冬王」)の妃。夫婦での亡命は名誉革命の布石となった。

イギリスジョージ1世の祖母であり、現在のイギリス王室の祖先にあたる。

ドイツ語名はエリーザベト・シュトゥアルトElisabeth Stuart)。

生涯[編集]

エリザベスが生まれた当時、スコットランドのみの王であった父ジェームズ6世は老いたイングランド女王エリザベス1世の後継者となることを望み、女王の歓心を買うつもりもあって、自らの長女に女王と同じ名を付けた。1603年、エリザベス1世は死去し、ジェームズ6世はイングランドとアイルランドの王位を新たに継承した。

1613年、エリザベスはプファルツ選帝侯フリードリヒ5世と結婚し、宮廷のあったハイデルベルクで暮らした。フリードリヒ5世は1619年にボヘミア王に即位したが、翌1620年の白山の戦いに敗れて王位を逐われ、1622年には本国プファルツハプスブルク軍の侵攻を受けてオランダ共和国へ逃れた。エリーザベトは夫に従ってオランダに亡命し、以後はハーグで暮らした。夫に先立たれた後、1661年にイングランドへ帰り、翌1662年にロンドンで死去した。

陽気で美しく慈悲深かったエリザベスはイングランドでも人気が高かったが、嫁ぎ先のプファルツやボヘミアでも人々に慕われ、「ブリテンの真珠」「イングランドの薔薇」「慈愛の王妃」などと呼ばれた。

夫フリードリヒ5世との間には13人の子をもうけた。長男フリードリヒ・ハインリヒは若くして水死したが、家督を継いだ次男カール・ルートヴィヒ三十年戦争終結後に選帝侯位と所領の大半を回復した。一方、三男ループレヒト(ルパート)と四男モーリッツ(モーリス)はイングランドで叔父にあたるチャールズ1世に仕え、イングランド内戦で王党派の一員となって活躍した。五女ゾフィーハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストと結婚したが、その息子ゲオルク・ルートヴィヒはエリーザベトの孫であることを根拠にイギリスジョージ1世となった。

子女[編集]

ハインリヒ・フリードリヒ(1614年 - 1629年
カール1世ルートヴィヒ1617年 - 1680年) - プファルツ選帝侯
エリーザベト1618年 - 1680年) - 哲学者、ヘルフォルト女子修道院長
ループレヒト(ルパート、1619年 - 1682年) - イングランド内戦の王党派指揮官、カンバーランド公
モーリッツ(モーリス、1620年 - 1652年) - イングランド内戦の王党派指揮官
ルイーゼ・マリア(ルイーゼ・ホランディーネ、1622年 - 1709年) - 画家、モビュイソン女子修道院長
ルートヴィヒ(1624年 - 1625年
エドゥアルト1625年 - 1663年
ヘンリエッテ・マリー1626年 - 1651年) - ハンガリー貴族ラーコーツィ・ジグモンド伯爵と結婚
フィリップ1627年 - 1650年
シャルロッテ(1628年 - 1631年
ゾフィー1630年 - 1714年) - ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストと結婚、ジョージ1世の母。
グスタフ・アドルフ(1632年 - 1641年

系図[編集]


出典:Wikipedia
2020/01/22 21:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant