サービス終了のお知らせ
エマ・トンプソン
▼人気記事ランキング
概要
デイム・エマ・トンプソン(Dame Emma Thompson, DBE, 1959年4月15日 - )は、イギリス女優脚本家。5度のアカデミー賞ノミネート経験があり、1993年に『ハワーズ・エンド』でアカデミー主演女優賞を、1995年の『いつか晴れた日に』でアカデミー脚色賞を受賞した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

イギリスシティ・オブ・ウェストミンスターパディントン出身。父親は俳優・舞台監督のエリック・トンプソン英語版、母親はスコットランド出身女優のフィリダ・ロウ英語版、妹も女優のソフィー・トンプソン英語版という芸能一家である。

ケンブリッジ大学ニューナム・カレッジで英文学を専攻。大学在学中に、スティーヴン・フライヒュー・ローリー、トニー・スラッタリーと共に劇団を結成したり、女性だけのレビューWoman's Hourを手掛け、注目を集める。大学卒業前にエージェントと契約し、1980年に大学を卒業。

キャリア[編集]

ケネス・ブラナー率いるルネッサンス・シアター・カンパニーに参加。BBCラジオやコメディ・ツアーに参加し、数多くの舞台に立った。1989年に『彼がステキな理由』で映画デビュー。

1993年に『ハワーズ・エンド』でアカデミー主演女優賞を受賞。翌年公開の『日の名残り』で同主演女優賞に、『父の祈りを』で同助演女優賞にノミネートされた。1995年公開の『いつか晴れた日に』で同主演女優賞にノミネートされ、アカデミー脚色賞を受賞。

ハリー・ポッター』シリーズではシビル・トレローニー役で起用された。

2018年6月に女優としてのキャリアが評価され、大英帝国勲章第2位DBEを叙勲し、女性の騎士号Dameデイム)を冠することを許される。

私生活[編集]

1989年8月20日にケネス・ブラナーと結婚したが、1995年10月に離婚。その後『いつか晴れた日に』で共演した俳優のグレッグ・ワイズ英語版と交際し、1999年に長女(ガイア・ロミリー)を出産、2003年に再婚[1]。また同年には当時16歳のルワンダ人の少年(ティンジェブワ・アバガ)を養子に迎えた[2]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

参照[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/13 16:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant