エチオピア
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.1.古代・中世
エチオピアには元々ネグロイドの先住民が住んでいたが、イエメンサバ王国から住民も少数移住し、ソロモン王サバの女王の血筋を受け継ぐと称するアクスム王国100年?940年)が、紅海沿岸の港町アドゥリス(現在のエリトリアマッサワ近郊)を通じた貿易で繁栄した。全盛期は4世紀でこのころコプト教伝来の影響が見られ(コプト教伝来以前はサバ王国から伝わった月崇拝を宗教としていた)、クシュ王国を滅ぼして、イエメンの一部まで支配したとされる。アクスム王国は、10世紀ごろにベタ・イスラエル[4]の女首長グディトに滅ぼされたという説とアクスムのやや南方のラスタ地方から台頭してきたアガウ族のザグウェ朝(ca.1137,ca.1150 - 1270)に滅ぼされたという説がある。

[4]前ページ
(2.歴史)
[6]次ページ
(2.2.エチオピア帝国)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/22 21:01
ソ人気記事ランキング
2018/10/23 更新
 1位日本
 2位沢田研二
 3位積木くずし
 4位田中信夫
 5位穂積隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant