サービス終了のお知らせ
ウズベキスタン
▼人気記事ランキング
16.文化
16.5.スポーツ
ウズベキスタンは自転車競技選手、ジャモリディネ・アブドヤパロフの故郷である。アブドヤパロフはツール・ド・フランスで三回の区間優勝を果たしており、いずれの回もマイヨ・ヴェールを勝ち取っている(マイヨ・ヴェールは個人総合成績1位を意味するマイヨ・ジョーヌにつぐ2番目を意味する)[83]。アブドヤパロフはツアーもしくは一日制のレースで先頭集団が一塊になってゴールに向かう際に優勝を勝ち取ることが多い。彼はしばしば最後の数kmで「スプリント」をかけるが、この際に川が蛇行するように左右に揺れながら走行を行うため、集団で走る他の競技者からは接触などの危険が高まり危険な選手であるとみなされていた。この走行スタイルから、彼には「タシュケントの虎」というニックネームがついている。

アルトゥール・タイマゾフは2000年に開催されたシドニーオリンピックでウズベキスタンに初のレスリングのメダルをもたらしたほか、アテネオリンピック北京オリンピックロンドンオリンピックと3大会に渡り男子120kg級で金メダルを獲得している。

ルスラン・チャガエフはウズベキスタンを代表するWBAプロボクサーである。彼は2007年にニコライ・ワルーエフを破ってWBAタイトルを奪取した、チャガエフは2009年にウラジミール・クリチコに敗れるまで2回王座防衛を果たした。

カヌースプリント競技のミカエル・コルガノフ英語版はK-1 500mにおいて世界王者になったことがあるほか、オリンピックで銅メダルを獲得している。体操競技のアレクサンデル・シャティロフ英語版ゆかで銅メダルを獲得している。

ウズベキスタンには国際クラッシュ協会英語版の本部がある。クラッシュはウズベキスタンの国技であり、現在スポーツとして行われているクラッシュはウズベキスタンの伝統的な格闘技であったクラッシュを国際化・現代化したものである。

サッカーはウズベキスタンで最も人気のあるスポーツである。国内の最上位サッカーリーグはウズベキスタン・スーパーリーグであり、2018年以降は12チームが所属している。2018年シーズンの国内リーグ王者はPFCロコモティフ・タシュケントであり、国内リーグ最多優勝はFCパフタコール・タシュケントの11回である。ウズベキスタンはアジアサッカー連盟(AFC)に加盟しているためAFCチャンピオンズリーグAFCカップなどのAFCが主催する国際大会に出場しており、2012年にはFCブニョドコルがベスト4にまで進出した。また、2011年にはナサフ・カルシAFCカップにおいてウズベキスタンサッカー界初の国際大会優勝を達成しているほか、2018年にはU-23サッカーウズベキスタン代表AFC U-23選手権2018で初優勝を果たしている。

1991年にウズベキスタンが独立する以前、ウズベク・ソビエト社会主義共和国ソビエト連邦の一員としてサッカーソビエト連邦代表やラグビーソビエト連邦代表英語版、アイスホッケーソビエト連邦代表英語版バスケットボールソビエト連邦代表、ハンドボールソビエト連邦代表など、各スポーツのソビエト連邦代表チームに選手を送り出していた。ソビエト連邦崩壊後、ウズベキスタンはサッカーウズベキスタン代表やラグビーウズベキスタン代表英語版フットサルウズベキスタン代表などの代表チームを結成、国際大会に派遣している。

テニスもまたウズベキスタンで人気のあるスポーツであり、特に1991年にウズベキスタンが独立して以降人気が出た。国内のテニスを統括する団体、ウズベキスタンテニス連盟英語版(UTF)は2002年に設立された。ウズベキスタンの首都タシュケントでは毎年タシュケント・オープンというWTAの国際テニストーナメントが開催されている。タシュケント・オープンは1999年に開始され、屋外のハードコートを使用して行われている。ウズベキスタンで実績のある有名テニス選手としてはデニス・イストミンアクグル・アマンムラドワがいる。

この他にウズベキスタンで人気があるスポーツとしては、柔道ハンドボールテコンドーバスケットボールラグビーフットサルなどがある。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/24 10:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant