サービス終了のお知らせ
ウコン
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ウコン鬱金欝金宇金玉金)は、ショウガ科ウコン属多年草学名 Curcuma longa [ syn. C. domestica ]。英語ターメリック (turmeric)[1]インドが原産であり、紀元前からインドで栽培されている。「鬱金」の原義は「鮮やかな黄色」。呉音「ウッコン」が転訛しウコンとなった[2]
東南アジア諸国には、インドネシア原産でクルクミンの含有量が多く薬効が強い変種ジャワウコン(Javanese turmeric)があり[1]、現地名のクニッツや別名クスリウコンという呼び名で日本でも流通している。ヒンディー語ウルドゥー語グジャラーティー語ハルディ (Haldi) でも知られる他に、沖縄方言のウッチンインドネシア語マレー語クニッツ (kunyit)、ハワイ語オレナ (Ōlena) などでも知られる。タイ語では、カミンチャン。
伝統医学アーユルヴェーダインド料理に使われ[1]、また、根茎に含まれるクルクミンは黄色い染料の原料としても広く用いられてきた。今日でもスパイスとして用いられている[1]。日本では、カレー粉に用いられるほか、クルクミンの肝機能への影響を期待して二日酔い対策ドリンク[3]の原料にも用いられる。
目次
1.類似種と呼称
2.生産加工
3.成分組成
4.利用
└4.1.期待されている薬効
5.副作用
6.脚注
7.関連人物
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/02 16:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant