ウェード式
性格診断|スピリチュアル|手相
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ウェード式(ウェードしき)は、中国語ローマ字によって表記する方法の一つ。19世紀後半にイギリスの中国駐在公使を経てケンブリッジ大学教授となったトーマス・ウェードが使ったローマ字表記法で、その著書『語言自邇集』といった中国語教科書で用いられた。その後ハーバート・ジャイルズが『中英辞書』(1892年上海、1912年ロンドン)の発音表記に用いたことで広く普及した。このため「ウェード・ジャイルズ式 (Wade-Giles)」と称することもある。
ウェードの教科書はもともとイギリスの外交官の通訳教育のためのものであったが、かつては日本を含む世界中で広く用いられ[1]、ウェード式のローマ字は中国国外で広く普及した。1906年の制定から1958年漢語?音方案が制定されるまで中国で地名表記に使われた郵政式は、ウェード・ジャイルズ式を元に有気音の記号や声調表記・ダイアクリティカルマークを除くなど簡略化し、一部既に慣用になっていた綴りや方言音に基づいた綴りを採り入れたものであった。
中華人民共和国では1958年以来?音が用いられ、1980年代からは国外でも?音が主に使われるようになったが、現在でもウェード式は台湾の主要都市の地名表記や、英語新聞の記事、人名のラテン字での表記に使われている(例:高雄 Kaohsiung、丁光訓 K.H. Tingなど)。
?音と比べた場合のウェード式の大きな特徴として、有気音無気音の区別に「?」(シングルクォートの始まりに似た記号、アポストロフィで代用されることが多い)を用いることが挙げられる。
縁結び|血液型占い|夢占い
運命の赤い糸|にきび跡|資格
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.表記方法
├1.1.声母
├1.2.韻母
└1.3.声調
2.大漢和辞典のウェード式
3.ウェード式ローマ字の使用
4.参考文献
5.脚注
6.外部リンク

1. 高田時雄 「トマス・ウェイドと北京語の勝利」『西洋近代文明と中華世界――京都大学人文科学研究所70周年記念シンポジウム論集』、2001年、4頁。

出典:Wikipedia
2017/01/06 22:01
内職|霊視|金融
ふたご座|前世占い|モテ期
ソ人気記事ランキング
2017/07/28 更新
 1位小原裕貴 (元タレント)
 2位コンコルド墜落事故
 3位相模原障害者施設殺傷事件
 4位大量殺人
 5位7月27日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant