サービス終了のお知らせ
ウィレム・デフォー
▼人気記事ランキング
概要
ウィレム・デフォーWillem Dafoe, 1955年7月22日 - )は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身の俳優。劇団ウースター・グループの創設メンバーである。

来歴[編集]

ウィリアム・デフォー・ジュニアはウィスコンシン州アップルトンで外科医の父と看護婦の母の間に生まれた[1][2][3]。8人兄弟の7番目で、幼少時に「ウィレム」の愛称を得る。なお「ウィレム」というオランダ人風の愛称であるが、彼自身はオランダには縁もゆかりもない[4]。彼はウィスコンシン大学でドラマを研究したが、前衛劇団シアターXに加わるため途中退学した[4]。シアターXでアメリカおよびヨーロッパを4年間公演旅行し、その後ニューヨークでエリザベス・レコンテの率いる劇団に加わった。

デフォーの映画出演は1981年の『天国の門』から始まった。しかし彼の登場シーンは編集によりカットされた[5]。1年後『ラブレス』でオートバイ・ギャングのリーダー役を演じ、その後『L.A.大捜査線/狼たちの街』で注目を浴び、最初の国際的評価を得たのは1986年の『プラトーン』でのエライアス・グロージョン3等軍曹役である。彼はその後性格俳優として人気が出る。その表情から『スピード2』のガイガーや『スパイダーマン』のグリーン・ゴブリンの様な怪しい悪役を演じることが多い。彼は1988年の『最後の誘惑』でイエス・キリストを演じた。また『プラトーン』および2000年の『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』、2017年の『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』でアカデミー賞最優秀助演男優賞のノミネートを受けた。さらに2019年には、『永遠の門 ゴッホの見た未来』で、初のアカデミー賞最優秀主演男優賞にノミネートされている。

彼は1990年にプラダのコマーシャルに出演した。また、2004年にはジェームズ・ボンドテレビゲーム007 エブリシング・オア・ナッシング』の悪役ニコライ・ディアボロの声を演じた。

私生活[編集]

エリザベス・レコンテとデフォーは演劇および生活のパートナーとなった。1982年に息子が生まれているが[6]、2人は結婚せず2004年に別れている[7][8]。デフォーは2005年にイタリア人女優ジアダ・コラグランデ(Giada Colagrande)と結婚した[6]

出演作[編集]

映画[編集]

ビデオ・ゲーム[編集]

参照[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/23 15:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant