サービス終了のお知らせ
ウィリアム・バックランド
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ウィリアム・バックランド(William Buckland、1784年3月12日 - 1856年8月24日)は、イギリス聖職者地質学者古生物学者である。最初に発見された恐竜の1つであるメガロサウルスについての著作を残した。
デヴォン州のアキスミンスター(Axminster)で生まれた。オックスフォード大学コーパス・クリスティ・カレッジで学び、ジョン・キッド(John Kidd)に鉱物学を学んだ。1818年に王立協会の会員に選ばれ[1]、1824年から1826年と、1839年から1841年の間、ロンドン地質学会の会長を務めた[2]。1847年に大英博物館の諮問委員に選ばれた。
自然科学の知識と聖書の記述の調和をはかろうとした立場の科学者で、1823年の著書Reliquiae Diluvianaeで、ヨークシャー州のカークデール洞窟で発見された化石の記事と、聖書のノアの洪水との関係を示す仮説を示し、評判を得た。
目次
1.受賞歴
2.出典
3.関連項目
4.外部リンク

1. “Buckland; William (1784 - 1856); Dean of Westminster, Geologist” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年4月28日閲覧。
2. “Past Presidents” (英語). The Geological Society. 2012年4月28日閲覧。

出典:Wikipedia
2017/08/03 08:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant