サービス終了のお知らせ
ウィリアム・ジェームズ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ウィリアム・ジェームズ(William James、1842年1月11日 - 1910年8月26日)は、アメリカ合衆国哲学者心理学者である。意識の流れの理論を提唱し、ジェイムズ・ジョイスユリシーズ』など、アメリカ文学にも影響を与えた。パースデューイと並ぶプラグマティストの代表として知られている。弟は小説家ヘンリー・ジェームズ[1]。著作は哲学のみならず心理学生理学など多岐に及んでいる。心理学の父である。
日本の哲学者、西田幾多郎の「純粋経験論」に示唆を与えるなど、日本の近代哲学の発展にも少なからぬ影響を及ぼした。夏目漱石も、影響を受けていることが知られている。後の認知心理学における記憶の理論、トランスパーソナル心理学に通じる『宗教的経験の諸相』など、様々な影響をもたらしている。
ジェームズは1875年には、アメリカで初の心理学の講義を開始し、研究室を設けた[2]。ドイツのヴィルヘルム・ヴントが研究室を用意したのは、この4年後の1879年である。
目次
1.生涯
2.哲学
3.超常現象
4.著書(日本語訳)
5.脚注
6.参考文献
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/01/02 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant