ウィリアム・オルウィン
▼人気記事ランキング
1.人物
ノーサンプトンシャーノーサンプトンに生まれ、幼いころよりピッコロの演奏に興味を示した。15歳で王立音楽アカデミーに入学し、フルートと作曲を学ぶ。フルートの名手で一時はロンドン交響楽団の首席奏者だった。1926年より1955年まで王立音楽アカデミーで作曲の教授を務める。
多才な人物で、音楽家であると同時に言語学者詩人美術家でもあった。作風の幅は広く、5つの交響曲と2つのオペラ、様々な協奏曲弦楽四重奏曲がある。
1941年から1962年までに70以上の映画音楽を手がけ、主な作品には『邪魔者は殺せ』(1947年)、『落ちた偶像』(1948年)、『真紅の盗賊』(1952年)、『黒い天幕』(1956年)、『SOSタイタニック/忘れえぬ夜』(1958年)、『南海漂流』(1960年)、『砂漠の勝利』などがある。
オルウィンはまた独自の十二音音楽を考案し、不協和音も好んで取り入れている。
妻のメアリー・オルウィン(ドリーン・カーウィゼン)も作曲家で、元はウィリアムの弟子であった。夫の死後は、夫の作品の普及と研究活動の推進にも努めた。
[6]次ページ
(2.主な作品)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/10/06 02:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/15 更新
 1位日本
 2位伊藤綾子
 3位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 4位二宮和也
 5位11月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant