ウルネスの木造教会
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ウルネスの木造教会(ウルネスのもくぞうきょうかい、ノルウェー語ブークモールニーノシュクともにUrnes stavkirke)は、ノルウェーソグン・オ・フィヨーラネ県にある、木造教会の一種であるスターヴ教会 (樽板教会)の一つであり、この種の教会で現存する中で最も古いものの一つである。ウルネス・スターヴ教会、あるいはウルネス・スターヴチャーチなどの名称で呼ばれる事もある。ノルウェー語でスターヴ(stav)は、「垂直に立った支柱」のことで、シルケ(kirke)とは教会のことである。[1]
1979年に、ユネスコ世界遺産に登録されたこの教会は、ルストラフィヨルドを望むことができ、高さ120メートルの崖の上にあり、現在は、ノルウェー考古物保存協会(en:Society for the Preservation of Norwegian Ancient Monuments)が所有している。教会では時々、ミサが催されている。
目次
1.歴史
2.教会の入口
3.世界遺産
└3.1.登録基準
4.脚注・出典
5.外部リンク

1. kirke の発音をカタカナ表記した場合、"キルケ"よりも"シルケ"、あるいは"ヒルケ"に近いとされる。“特集「ノルウェーのスターヴ教会」”. 2015年8月20日閲覧。

出典:Wikipedia
2018/06/29 23:01
ソ人気記事ランキング
2019/04/22 更新
 1位日本
 2位上級国民
 3位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 4位永山則夫連続射殺事件
 5位ルパン三世 ルパンVS複製人間
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant