サービス終了のお知らせ
ウラジミール・フォック
▼人気記事ランキング
概要
ウラジミール・アレクサンドロヴィチ・フォックロシア語:Владимир Александрович Фoк英語:Vladimir Aleksandrovich Fock、1898年12月22日 - 1974年12月27日)はロシアサンクトペテルブルク出身の物理学者1922年ペトログラード大学(現在のサンクトペテルブルク大学)を卒業し、1932年に同大学(名称はレニングラード大に変更)の教授となった。

特に量子力学の分野で基礎的な研究を行った。1926年クライン-ゴルドン方程式を一般化し、1930年にはハートリー-フォック法を開発した。フォック空間、フォック表示、フォック真空、フォック状態など、フォックの名を冠した用語も多い。

国際量子分子科学アカデミー会員、ソビエト連邦科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)会員でもあった。

関連項目[編集]

ハートリー-フォック方程式
量子論
量子力学
量子化学
出典:Wikipedia
2019/12/13 05:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant