ウマ
▼人気記事ランキング
3.品種
3.2.用途による分類
乗用馬[14]・輓用馬[15]・駄馬[16][12] - ウマの使用目的に沿った分類法[12]
外観や能力による分類法 - いずれも個々のウマの外観的特徴に基づく分類ではなく、登録されている品種単位での分類である。
常歩馬[18]・速歩馬[19]・駈歩馬[20][12] - 馬の歩法に着目した分類法[12]。ドイツのミツテンドルフが考案したものでかつては普及していた。
温血種[21]・冷血種[22][12] - ウマの運動性能に基づく分類法であり、大まかな分類として温血種は軽種、冷血種は重種が該当される[12]。なおイギリスでは温血種をサラブレッドとアラブに限定している[12]
軽種[23]・中間種・重種[24][12] - 日本で最も一般的に用いられる分類法で[12]、軽種は、サラブレッドやアラブもしくはアングロアラブに限定して適用される[12]。対して重種は、ペルシュロンやブルトンといった大型の種に適用される。なお中間種は、軽種と重種の交雑された種に適用される[12]。この分類法は1937年に馬政局が発令した「馬の種類呼称」という規則が発端となっている[12]
正方形馬・長方形馬・高方形馬 - 体高と体長の比率による分類法。ドイツでつくられた考え方。
純血馬・半血馬 - 純血といっても遺伝的・生物学的な根拠に基づくものではなく、公式な血統管理団体による登録による分類法である。
正常馬・ポニー - 1899年にイギリスの王立農業協会で提唱された分類法で、体高が148センチ以下のものを機械的にポニーと称した[12]。なお現代においては目安としての信頼性しか持ち得ない[12]
[4]前ページ
(3.1.解剖学的分類)
[6]次ページ
(3.3.日本での分類)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/16 14:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant