イプシロンロケット
▼人気記事ランキング
2.開発経緯
2.4.提案された将来性
2011年時点では、以下の項目を実現して機体構造と電子機器と設備の抜本的な低廉化を図り、30億円以下で打ち上げを可能にする予定とされた[6]

更なる軽量化により世界最高のペイロード比と各段マスレシオを実現して打ち上げ能力を向上させる。
ロケット全体の最適化を図るために第2段及び第3段の推進薬量を増やす。
全てのロケットに適用できるまでにアビオニクスシステムのネットワーク化とモジュール化を進めて、運用性と将来の部品枯渇時の再開発の効率を上げる。
射場からトラッキングレーダーを廃止して運用性を向上させる。
複合一体成型や民生技術を導入し機体の価格を更に下げる。
無毒液体推進系N2O/エタノールを用いたPBS[33]
[4]前ページ
(2.3.射場の選定)
[6]次ページ
(2.5.月惑星探査の可能性)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/17 22:31
ソ人気記事ランキング
2019/04/21 更新
 1位日本
 2位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 3位永山則夫連続射殺事件
 4位モンキー・パンチ
 5位ルパン三世 ルパンVS複製人間
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant