イファト・スルタン国
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
イファト・スルタン国(1285年頃 - 1415年頃)は現在のエチオピア首都アディスアベバ周辺から東を支配していたイスラーム教徒の国。
14世紀の歴史家アル=ウマリは、紅海沿岸に旅程15〜20日の大きさの国があり、その国は騎兵1万5千、歩兵2万を有しており、その主要7都市はベルクルザール、クルジュラ、シミ、シェワ、アダル、ジャメ、ラボーであったと報告している[1]。イファトはおそらくこの他にファタガル、ダワロ、バレといった都市を支配しており、港湾都市ゼイラまでの交通路を押さえていた[2]。その中心部はワララーであり、現在のアディスアベバから東北東80キロメートルの位置にあるワラレのことと考えられている。その領域は、東はアワッシュ川(エチオピアとジブチの国境付近)、西はジャマ川、その北はアバダイ川であったと推定する研究者もいる[3]
目次
1.歴史
2.脚注
3.参考文献
4.関連項目
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/01/03 21:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/23 更新
 1位日本
 2位山本美香
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位8月22日
 5位玄倉川水難事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant