イデア論
▼人気記事ランキング
5.後世の人々
プラトンの弟子のアリストテレスは、《形相》や《》の分割や交わりが引き起こす「1対多問題」や、定義の「一性」問題について考察しつつ、自己の哲学を確立していった[2]

およそ500年後のプロティノスは、万物は一者(善のイデア)から流出したとした(→ネオプラトニズム)。

イデアが実在すると考える考えは後にidealism(観念論)と呼ばれるようになった。そして「実在論」(realism) の系譜に属する、とされるようになった。

[4]前ページ
(4.後期)
[6]次ページ
(7.参考文献)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/30 03:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/23 更新
 1位日本
 2位矢島健一
 3位山口組
 4位10月22日
 5位司忍
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant