サービス終了のお知らせ
イッソスの戦い
▼人気記事ランキング
1.地形

この戦いは古代のイッソスの南で行われた。イッソスは現在イスケンデルンという町の近くにあり、近くにピナルス川という小さな川が流れている。なおイスカンデルンはトルコ語でアレクサンドロスを意味しており、この街はアレクサンドロス大王の勝利を記念して作られた。この場所は2.6kmの間にイッソス湾と山に囲まれており、ダレイオスは軍量の優位を利用することが出来なかった。古代の歴史家はデリタイ川がピナルス川であると信じていたが、ハモンド(N. G. L. Hammond)とアンドリュー・ディヴァイン(Andrew Devine)は、実際はデリタイ川はパヤス川であったと主張している。ハモンドらは川の流れの調査を行い、川の流れが古代から劇的に変わったとは考えらないと主張している。これらの証拠はマケドニア軍に同行していた歴史家カリスティニィーズの戦場の記録、シケリアのディオドロスによる戦闘前の両軍の行軍の調査に基づいている。

[6]次ページ
(2.序幕)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/08 05:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant