サービス終了のお知らせ
イザベラ・デステ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
イザベラ・デステ: Isabella d'Este1474年5月18日 - 1539年2月13日)は、エステ家出身[1]のマントヴァ侯妃。ルネサンス期イタリアの文芸、政治を代表する女性の一人である。
イザベラは16歳でマントヴァ侯フランチェスコ2世・ゴンザーガと結婚し、フランチェスコ2世の死後は、若年でマントヴァ侯位を継いだ嫡男フェデリーコ2世・ゴンザーガ摂政としてマントヴァを統治した。1500年にフランス王ルイ12世ミラノ公国で会談しフランスとマントヴァとの間に不可侵条約を結ばせることに成功するなど、当時のイタリア情勢で大きな政治的、外交的手腕を発揮した。
イザベラは芸術を庇護し、その最先端のファッションはイタリアのみならずフランス王宮の女性たちにも大きな影響を与えた。詩人ルドヴィーコ・アリオストは「自由闊達で高潔なイザベラ」と賞賛し[2]マッテオ・バンデッロ (en:Matteo Bandello) は「最高の女性」と評している[3]。さらに外交官ニッコロ・ダ・コレッジョはイザベラを「世界一のファーストレディ」と高く評価した[3]
目次
1.前半生
└1.1.教育
2.結婚
├2.1.子女
└2.2.ルクレツィア・ボルジア
3.政治手腕
4.芸術後援と外交手腕
5.フランチェスコ2世との死別後
├5.1.国政への注力
└5.2.晩年と死
6.人物評価
7.出典、脚注
8.関連文献
出典:Wikipedia
2019/05/18 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant