サービス終了のお知らせ
イギリス連邦
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.2.始まり
1931年、イギリス議会におけるウェストミンスター憲章: Statute of Westminster)において、イギリス国王に対する共通の忠誠によって結ばれた、それぞれが主権をもつ対等な独立国家の自由な連合体と定義され、イギリス、アイルランド自由国(のちに脱退)、カナダニューファンドランド(のちにカナダの1州となる)、オーストラリアニュージーランド南アフリカ連邦をメンバーとして発足した[5]。この時点では旧来のドミニオンの連合に過ぎず、白人自治領の連合体としての性格を持っていた。また、この時点においては旧来のイギリス帝国はいまだ存続しており、帝国と連邦が併存する体制を取っていた[6]

[4]前ページ
(2.1.前史)
[6]次ページ
(2.3.ブロック経済化とその崩壊)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/16 23:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant