イェーナ
▼人気記事ランキング
2.文化
フリードリヒ・シラー大学は1558年に開学した。大学名がイェーナ大学からこの名前に変更されたのは20世紀前半である。

思想史および文学史上、1794年から1807年ごろまでにおける、初期ドイツ観念論また初期ドイツ・ロマン主義の活動拠点として重要である。現在の大学本部は当時の大学の建物をそのまま用いている。この頃この都市に住んだことのある著名な人物としては、フリードリヒ・フォン・シラールートヴィヒ・ティークヨハン・ゴットフリート・ヘルダーノヴァーリス(ハルデンベルク)、フリードリヒ兄弟、アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルフリードリヒ・ヘルダーリンヨハン・ゴットリープ・フィヒテフリードリヒ・シェリングゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルらが挙げられる。またヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテもしばしばイェーナを訪れて大学の運営に携わり彼らと会合したり、大学での実験や研究に参加したりしている。

後にはエルンスト・ヘッケルカール・マルクスもイェーナに居住した。

科学史上では、イェーナは19世紀から20世紀初頭におけるドイツの自然科学の発展の拠点として重要である。この時期にカール・ツァイスエルンスト・アッベオットー・ショットらは産学協同の体制をつくり、顕微鏡をはじめとする精密機器の生産を推進した。カール・ツァイス社や良質なレンズの材料を供給したイェーナ・ショットグラス(イエナ・ショットグラス)社は、産学協同の中心としてこの町の精密機械産業の発展と世界の医学・生物学分野の研究の発展に貢献することとなった。その歴史は今日に受け継がれている。20世紀における2度の世界大戦時にはカール・ツァイス社は、軍に双眼鏡潜水艦潜望鏡などの物資を供給する役目を課されていた。現在では、過去の技術的な蓄積をもとに新たな精密機械光学の分野にも参画し、ドイツを代表する企業の一つとして現代社会の発展に寄与している。

イェーナを拠点とし、カール・ツァイス社の顕微鏡を使用して研究をすすめた代表的な科学者のひとりにエルンスト・ヘッケルがいる。彼は、チャールズ・ダーウィン進化論を一般に啓蒙したことでも知られている。ヘッケルは、その研究活動の過程で発生学と進化学の研究の発展に貢献し、生物系統樹を提唱した。

教育学史上では、キンダーガルテン(Kindergarten, 幼稚園)とのかかわりがある。フリードリヒ・フレーベルは、スイス幼児教育活動に従事していたヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチに師事し、1840年に世界で初めての幼稚園をドイツで開設した。その活動の素地は、彼が若い頃学んだイェーナ大学で形成された。

サッカークラブのFCカールツァイス・イェーナは、かつて東ドイツを代表する強豪の一つであった。東西ドイツ統一後にブンデスリーガ2部からスタートしたこのクラブは、一時は4部リーグ(オーバーリーガ)まで降格したものの、近年は再びブンデスリーガ2部に昇格、人々はわが町のクラブとして熱い声援をおくっている。

[4]前ページ
(1.地勢)
[6]次ページ
(3.宗教)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/19 11:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/17 更新
 1位日本
 2位平清香
 3位ドロヘドロ
 4位軽井沢スキーバス転落事故
 5位1月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant