サービス終了のお知らせ
インノケンティウス5世 (ローマ教皇)
▼人気記事ランキング
概要
インノケンティウス5世(Innocentius V,1225年 - 1276年6月22日)はローマ教皇(在位:1276年)。本名はピエール・ド・タランテーズ(Pierre de Tarentaise)。ドミニコ会出身で初の教皇である。
生涯
説教師として名を馳せ、ローマ教皇庁で順調に出世、グレゴリウス10世没後のコンクラーヴェで教皇に選ばれた。しかし、東ローマ帝国皇帝ミカエル8世パレオロゴスに強圧的な態度を取った為、東西教会の合同を危うくした。背景にシチリアシャルル・ダンジューの存在があったとされる。
就任から僅か半年で死去、後任にハドリアヌス5世が選出された。後に列福された。
出典:Wikipedia
2016/07/12 12:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant