インド
▼人気記事ランキング
11.国民
11.3.言語
インドはヒンディー語を連邦公用語とする。ヒンディー語圏以外では各地方の言語が日常的に話されている。インドで最も多くの人に日常話されている言葉はヒンディー語で、約4億人の話者がいると言われ、インドの人口の約40%を占める。方言を含むと800種類以上の言語が話されているインドでは、地域が異なればインド人同士でも意思疎通ができない場合がある。植民地時代に家では英語だけで子供を育てたことなどから、英語しか話せない人もいる。しかし一方で、地域や階級によっては英語がまったく通じないこともしばしばである。1991年の国勢調査によると、178,598人(調査対象者の0.021%)が英語を母語にしており、9000万人以上(同11%)が英語を第一、第二、ないし第三の言語として話すとしている。インド社会は国内コミュニケーションの必要上から第二公用語の英語を非常に重視しており、結果として国民の英語能力は総じて高い。インドの大学では全て英語で講義を受けるため、インド人学生の留学先にアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどの英語圏が圧倒的に人気が高い。

インド憲法には1950年の憲法施行後15年で英語を公用語から除外するとしている。現在、憲法はヒンディー語で翻訳され、正文とされているが、15年を経過しても英語を除外することができず、公用語法において英語の使用を無期限延長することとしている。ただし地名に関しては英語離れとでも言うべき動きが進んでおり、ボンベイ、カルカッタ、マドラスという大都市は、それぞれムンバイコルカタチェンナイという現地語の名称へと公式に改められた。こうした傾向はインド国内でのナショナリズムの拡大・浸透が続く限り進むものと見られるが、連邦公用語のヒンディー語は未だ全国に浸透していない。特にインド南部タミル・ナードゥ州などではヒンディー語を連邦公用語とすることへの反発が強い。

インドの言語は北部のインド・ヨーロッパ語族インド語派と南部のドラヴィダ語族に大きく分かれる。ドラヴィダ語族の言語は主に南部のアーンドラ・プラデーシュ州カルナータカ州ケーララ州タミル・ナードゥ州で話され、それ以外の地域がインド・ヨーロッパ語族に含まれる。この様に北部と南部とで言語が大きく異なっているため、インド・ヨーロッパ語族に含まれるヒンディー語がドラヴィダ語族の人々への浸透の遅れる原因ともなっている。

1980年代以降のヒンドゥー・ナショナリズムの高まりと共に、サンスクリットを公用語にしようという動きも一部で高まっている。もともと中世以前においてはインド圏の共通語であったと考えられているサンスクリットは、各地方語の力が強まりその役割が果たされなくなった後も、上位カーストであるブラフミンの間では基礎教養として身に付けられてきたという経緯がある。しかし古い言語であるだけに、現在(学者・研究者による会議の席上や特殊なコミュニティー等を除けば)日常語として話している人はほとんど居らず、またその複雑さ故に同言語の学習に多年を要することなどもあり、実際の普及は滞っているのが現状である。

連邦公用語[編集]


連邦公用語ヒンディー語。多言語社会であるインドにおいて、国家が国民統合を推し進める上で、また実際に行政運営を行う上で言語は常に重要な位置を占めており、現在は当初独立運動の過程では、植民地の行政言語(公用語)であった英語に代わって、北インドを中心に広く通用するヒンドゥスターニー語を新たに独立インドの象徴として積極的に採用していこうというガンディーらの意見があった。その流れを受けて、独立後制定されたインド憲法[7]の第343条では、ヒンドゥスターニー語の流れを汲むヒンディー語が連邦公用語として規定されている。これに対しては憲法起草段階から現在に至るまで南部のタミル・ナードゥ州を中心に反対意見が根強いが、連邦政府はおりにつけ各地でヒンディー語の普及を推し進めている。

それ以外にもインド憲法条文(第8付則[8]、および憲法修正第92法[9]を参照)には以下列挙する「22の言語」が明記されている。しかし、これら22言語(通称「第8付則言語」)は、憲法によって「公用語」として規定されているわけではなく、あくまで「公的に認定された言語」という曖昧な位置づけに留まっている。例えば、サンスクリット語シンディー語などはいずれの州でも公用語として採用されておらず、また逆にミゾラム州の公用語の一つであるミゾ語などは、この22言語の中に含まれていない。

公的に認定された言語

州・連邦首都圏・連邦直轄領の公用語[編集]


 (第二公用語は除く。憲法第8附則に明記されている言語、および連邦公用語は太字で示す。)
英語は全ての地方の公用語となっている。

アッサム州 (英語、アッサム語
アルナーチャル・プラデーシュ州 (英語)
アーンドラ・プラデーシュ州 (英語、テルグ語
ウッタラーカンド州 (英語、ヒンディー語
ウッタル・プラデーシュ州 (英語、ヒンディー語
オリッサ州 (英語、オリヤー語
カルナータカ州 (英語、カンナダ語
グジャラート州 (英語、グジャラート語ヒンディー語
ケーララ州 (英語、マラヤーラム語
ゴア州 (英語、コーンカニー語マラーティー語
シッキム州 (英語、ネパール語
ジャールカンド州 (英語、ヒンディー語
ジャンムー・カシミール州 (英語、簡易ウルドゥー語
タミル・ナードゥ州 (英語、タミル語
チャッティースガル州 (英語、ヒンディー語
トリプラ州 (英語、ベンガル語コクバラ語
ナガランド州 (英語)
西ベンガル州 (英語、ベンガル語
ハリヤーナー州 (英語、ヒンディー語
パンジャーブ州 (英語、パンジャーブ語
ビハール州 (英語、ヒンディー語
ヒマーチャル・プラデーシュ州 (英語、ヒンディー語
マディヤ・プラデーシュ州 (英語、ヒンディー語
マニプル州 (英語、マニプリ語
マハラシュトラ州 (英語、マラーティー語
ミゾラム州 (英語、ミゾ語
メーガーラヤ州 (英語)
ラージャスターン州 (英語、ヒンディー語
連邦首都圏と連邦直轄領

[4]前ページ
(11.2.人種・民族)
[6]次ページ
(11.4.保健)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/19 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/06/20 更新
 1位日本
 2位関根苑子
 3位進撃の巨人の登場人物
 4位渋谷温泉施設爆発事故
 5位おしん
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant