サービス終了のお知らせ
インダストリアルデザイン
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
インダストリアルデザイン英語:industrial design)は「工業デザイン」または「工業意匠」とも呼ばれ、産業分野における工業製品の設計や造形を担うデザイン分野である。
18世紀末にイギリスで起きたいわゆる産業革命によって、クラフト的伝統を受け継ぐ「応用美術」や「趣味」といった意味としての「デザイン」と明確に使い分けられるようになった。機械生産による大量生産・大量消費社会への転換を背景に生まれ、1930年代中頃に「画家」「技師」「市場調査員」といった総合的な特徴を持ち合わせた職能を近代的「工業デザイナー」とする国際的コンセンサスが形成された。
「デザイナーという用語は十九世紀を通じて曖昧模糊とした霧に包まれていた。その仕事の割り切った説明をすれば美術家、建築家、工匠のものであり、また技師、発明家、方法論者」がインダストリアルデザインを担うデザイナーの姿であるといえる。[1]
目次
1.歴史
2.自動車産業における呼称
3.脚注
4.関連項目
出典:Wikipedia
2020/01/07 11:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant