インターネットアーカイブ
▼人気記事ランキング
2.ウェイバックマシン
2.1.著作権
ウェイバックマシンは米国著作権法フェアユース規定にもとづいてウェブアーカイブを構築している[5]。ウェイバックマシンは目的の性質上、フェアユースが成立するため、2009年時点ではウェイバックマシンに対する著作権侵害訴訟が起こされたことはない[6]。しかし、後述の「インドからのアクセス遮断」のようにフェアユースに該当するとは思えない情報(営利目的の情報など)の収集も行っているのが実態である。

[4]前ページ
(2.ウェイバックマシン)
[6]次ページ
(2.2.Recall サーチエンジン)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/04 19:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/22 更新
 1位日本
 2位山口組
 3位徳勝仁
 4位矢島健一
 5位10月21日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant