インターネットアーカイブ
▼人気記事ランキング
5.論争
5.2.アーカイブ内のウェブページの証拠能力
2004年10月の「ポーランド・テレビ・SA社 対 エコースター・サテライト社」の裁判において、ウェイバックマシンのアーカイブが法的証拠の情報源として使われた。ポーランド・テレビはポーランドのテレビ局TVPポロニア (TVP Polonia) の提供元であり、エコースター・サテライトはアメリカの衛星テレビ放送ネットワークである、ディッシュ・ネットワークの運営元である。裁判の過程で、エコースター社はテレウジャ・ポルスカ社のウェブサイトの過去の内容の証拠として、ウェイバックマシンのスナップショットをあげた。テレウジャ・ポルスカ社は、伝聞および非公式情報に基づくものとしてやめさせようとしたものの、下級審判事のアーランダー・ケイズは、スナップショットを伝聞とするテレウジャ・ポルスカ社の主張を退け、インターネットアーカイブ社従業員による宣誓供述をスナップショットの信頼性を保証するものとして採用した。

Internet Archive’s Web Page Snapshots Held Admissible as Evidence (スタンフォード大学サイト内)
[4]前ページ
(5.1.サイエントロジーサイト)
[6]次ページ
(5.3.グレイトフル・デッド)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/04 19:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/20 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位山口組
 4位10月19日
 5位令和元年台風第19号
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant